top of page
mail_icon.png

導入実績800物件超(分譲業界No.1)の豊富な実績とノウハウで

物件の特徴に合わせてご提案します。

導入実績

810物件※2022年12月時点

​iOS・Android 各OS向けに提供しております。(順不同)

顧客接点を
構築、キープ

2.png

高い来場獲得
パフォーマンス

来場への心理的
​ハードルを下げる

スピーディな
​導入が可能

ローコストで
​導入・運用

追客・再来場を
支援

物件アプリが選ばれる理由

飯島様四角2.jpg

大成有楽不動産株式会社

マンション事業本部 飯島 悠太様

物件名:オーベルグランディオ平井

物件の魅力をストーリー立ててPUSH通知し、

​購入検討されるお客様に届けられる。

▶モデルルームオープンまでの通知スケジュールを見て『イケる!』と確信:

紙の資料は一度制作すると情報更新ができず、古い情報を通期にわたり送付することは不親切だと思っており、資料請求いただいたお客様への情報をデジタル化したかったのが導入のきっかけです。

訴求ポイントが多い物件だったため、定期的かつ能動的に情報を配信したく、PUSH通知を送れるアプリが検討に上がりました。モデルルームオープンまでの通知スケジュールや他社事例などのご提案をいただき、『イケる!』と確信できました。

▶資料請求いただいたお客様をフォローするという目的を達成:

資料請求後にモデルルームへご来場いただくお客様が多く、お客様フォローの目的が達成できたと感じています。さらに来場されたお客様にはクーポンを配信し、検討状況に合わせた使い分けもできました。

お客様にアピールしたいポイントや説明の流れは販売期間中に変化していきますが、それに合わせてアプリのコンテンツ配信順も追加・変更できた点が良かったです。

▶より資料請求者にダウンロードしてもらいやすい導線を:

自社サイトで資料請求したお客様には自動でアプリの案内が届きますが、ポータルサイトで資料請求したお客様には手動案内になってしまうため、ここも自動化できると有難いです。

現状は、ブランドアプリの中で検討中の物件を選択して情報を受取る仕組みになっているため、最初から検討中物件の情報を受取るアプリという見せ方が実現できるといいと思います。

お客様の声

星野様1221.jpg

大和地所レジデンス株式会社

宣伝部 ​星野 隼人様

ヴェレーナシリーズ全物件

アプリで手軽に全物件を比較検討。

時代に合わせたブランディング。

ブランディングのために、手軽でスマホ親和性が高いアプリに注目:

導入検討時は、神奈川県横浜市内での供給が立て続けにありました。当社物件は外観デザインが特徴的で、ブランド内で比較検討して下さるお客様もいらっしゃいます。

1つのアプリで全物件の情報を見られるご提案をいただいたことや、ブランディング目的で導入に踏み切りました。

スマートフォンで情報収集するお客様が多いため、アプリは手軽でスマホと親和性が高い点も決め手でした。

▶今後を見据えたツール活用でお客様に信頼を届けていく:

今後マンション購入を検討するZ世代α世代にとって、アプリは当たり前のツールなので、それらを積極的に取り入れ活用していくことがアドバンテージにもなると考えています。

不動産は高額な買い物なので、物件の魅力を配信するだけでなく、お客様に安心や信頼もお届けできればと思います。

アプリを使っているお客様のお問い合わせやモデルルームへの来場も多いので、効果も実感しています。

▶さらなる"アプリらしさ"を求めて:

ウェブサイトとアプリの違いは、お客様の状況に合わせて画面をパーソナライズできること。不動産に限らず様々な業界でアプリが一般化しているので、今後ますます"アプリらしさ"が求められると感じています。

アプリでポイントを貯められて何かと交換できたり、ゲーム感覚で物件のことを知っていくような機能があると、より認知を広げられると思います。

井町様四角2.jpg

株式会社タカラレーベン

ウェブソリューション推進部 ​井町 若菜様

物件名:​レーベン横浜山手 ONE WARD COURT、他

PUSH通知やチャット機能で

オンラインでの物件検討を推進。

▶お客様との相互コミュニケーションができる:

世の中のIT化が進むなかで、新しいツールを漠然と探していました。LINEと比較検討した結果、一方的に情報を配信するだけでなく、チャット等お客様と相互コミュニケーションができるアプリに魅力を感じました。

一方でLINEよりダウンロードされにくいのではないかという懸念もありましたが、ダウンロード数や来場予約数のシミュレーションを提案してもらえたことで導入に至りました。

▶アプリを使って来場したお客様が契約に:

PUSH通知やチャットなど表側の機能だけでなく、管理画面でお客様の動きを可視化できることが良かったです。アプリを使ってモデルルーム見学予約をしたお客様がマンションを購入してくださり、社内の他の物件でも導入が広まっていきました。

昨今では外出を自粛するお客様も多くインターネットで物件情報を収集されるため、アプリのPUSH通知は強力なツールだと思います。

▶アプリ内でオンライン接客ができるとなお良い:

現状、PUSH通知を送れて資料請求・来場予約・電話・チャットなど一通りの行為はできるので、もう一歩踏み込んでオンライン会議の機能があると、マンション検討に必要なことすべてがこのアプリで完結できると思います。

物件によって特徴や配信内容が異なるため、担当者間での情報共有ができるような説明会を開催してもらえるとより有効活用に繋げられます。

野村不動産株式会社
住宅事業本部 ​川越 惇平様
​物件名:ミハマシティ検見川浜Ⅱ街区

営業スタッフ自ら動画に出演し、
来場前のお客様にもアプローチ。

▶動画を積極的に活用するプロモーション戦略にアプリがしっくりきた:

当物件のプロモーションでは動画を主流に考えていました。メールやLINEを使ってお客様にお知らせしてWEBサイトを見に来てもらう方法もありますが、通知もコンテンツも一つになったアプリにメリットを感じて導入に至りました。

動画コンテンツだけでなく紙パンフレットを印刷せずアプリ上でデジタル化して展開できるのも魅力でした。

お客様に安心していただけるように、積極的に顔出し:

自分たちの声や顔、実名で情報発信することにこだわっており、初めてお会いするお客様とも距離感が縮まっているように感じています。来場されたお客様から、「アプリの動画に出ていた方ですよね?」と声を掛けていただけることもあります。

また、お客様の多くはアプリで事前に多くの情報をご覧になって来場されるので、物件に対するイメージが良く、営業トークも盛り上がりやすいです。

▶動画の活用と面白いコンテンツでもっと使われるアプリへ:

動画プロモーションに力を入れる風潮は強まっていくと思うので、アプリ内で動画表示できる箇所が増えるとより使い勝手がよくなります。現状は音声や画像を(フォーカスに)送付してコンテンツ制作を依頼する頻度が多いですが、もっと手軽に自分たちで更新できると嬉しいです。

不動産購入はなんとなく堅苦しい雰囲気があるので、物件に関するクイズなどゲーム性があると、より気軽に使ってもらえると思います。

現在公開中の物件アプリ一覧

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
bottom of page